あざらし日記3

「あざらしのおへや」の管理人ゴマスケのアザラシ日記です。海獣関係のテレビ番組の情報や、グッズ、水族館・動物園などの感想をのせています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北地方太平洋沖地震の被災園館支援について

 追記 *募金が延長となりました。

  ▽東日本大震災関係活動報告について(PDFファイル)


先日の3月11日(金)、
東北地方を中心に大きな地震と津波がおそいました。
この災害で亡くなられた方々の
ご冥福をお祈りするとともに、
被害にあってしまった方々へ
心よりのお見舞いを申し上げます。
そして1日も早く余震がおさまり、
復興できることをお祈りいたします。

この未曾有の大災害により、
大きな被害を受けた水族館や動物園も
少なからずあると思われます。


●園館の被害状況を伝えるサイト・ブログ

  ▽るたお水族館(おたる水族館スタッフのブログ)

  ▽ペンギン会議研究員上田一生

  ▽ブログ水族館(水族館プロデューサ中村元さんのブログ)

  *復興などで大変なため、しばらくスタッフの安否など
   「個人的問い合わせ」は極力、遠慮した方がいいようです。



日本動物園水族館協会は、
これらの園館の情報を集めるとともに、
復興をすすめるための義援金を集める準備を
すすめているそうです。

  ▽日本動物園水族館協会(JAZA)のサイトトップページ

  ▽東北地方太平洋沖地震の被災園館支援について(PDFファイル)

一般の方からの義援金は、
以下の金融機関にお願いしています。

***以下、PDFファイルより転載  
■■ 社団法人日本動物園水族館協会の見舞金受付口座 ■■
(募集期間:2011 年 6 月 30 日まで)
みずほ銀行 上野支店 普通預金 4180763
社団法人日本動物園水族館協会見舞金

※受付口座を一つにまとめました。
先にお知らせしました他の口座へお振り込み頂いた見舞金は、
この口座にまとめて、活用させていただきます。

***転載ここまで

また、今回は影響がでなかったところでも、
今後の余震や節電により
臨時休園などをする園館がでることが予想されます。
もし、お出かけになる場合は、
サイトなどで最新の情報をチェックするといいでしょう。

スポンサーサイト

よみがえれ!シーボルトの日本博物館

ただ今、国立民族学博物館(大阪市吹田市)
最後の巡回展を開いています。

 ●特別展「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」

 期 間:2017年8月10日(木)~10月10日()
      毎週水曜休
 時 間:午前10:00~17:00(入館は16:30まで)
 会 場:国立民族学博物館 特別展示館
      →交通アクセスのページ
      無料シャトルバス運行中
      大阪モノレール「万博記念公園駅」~国立民族学博物館


北海道大学獣医学部×札幌市円山動物園 市民公開講座

2017年2月に北海道大学獣医学部と
札幌市円山動物園は連携協定を締結いたしました。
その連携協定締結記念キックオフ企画として
市民公開講座を2017年8月25日(金)に開催いたします。


 ●「科学する動物園-大学と動物園の連携が拓く未来-」

 日 程:2017年8月25日(金)
 時 間:16:15~18:15(開場15:45)
 場 所:北海道大学 獣医学部講堂
      札幌市北区北18条西9丁目
      →交通アクセスのページ
 参加費:無料(事前申し込み/先着100名)
      ※定員になり次第締め切らせていただきます
 申 込:8月11日(金)~8月23日(水)
      ①電話(札幌市コールセンター) 011-222-4894
      ②WEB:http://www.city.sapporo.jp/callcenter/uketsuke/

【プログラム】
 16:25~17:05 小菅正夫 「動物園の将来の機能について」
 17:10~18:15 「北海道大学獣医学部及び円山動物園による報告」


「すいぞくかんとはくぶつかん」

京都水族館(京都市下京区)は、
2017年7月より京都国立博物館(京都市東山区)との
連携企画イベント
「すいぞくかんとはくぶつかん」を開催する予定です。

京都国立博物館で展示される予定の
「朱漆塗亀に流水蒔絵盃」や「龍門図」(円山応拳筆)などの
実際のいきものの姿とパネル解説をあわせた展示で
その作品の背景についても学ぶことができるほか、
絵画コンテストや館内を巡りながらオリジナルの図録を
完成させるワークショップなど
博物館との連携ならではの視点で
水族館のいきものを知ることができる企画を開催します。


 ●『京都水族館』×『京都国立博物館』
   連携企画「すいぞくかんとはくぶつかん」

 期 間:2017年7月1日(土)~9月3日(日)
 場 所:京都水族館
      京都市下京区観喜寺町35-1(梅小路公園内)
      →交通アクセスのページ


特別陳列「日本のアザラシと極地の動物たち」

海獣と人間との共存を考えるきっかけづくりをめざす
プロジェクト・とっかりからのご案内です。

今月の4月15日(土)より徳島県立博物館(徳島県徳島市)
特別陳列「日本のアザラシと極地の動物たち」が開催されます。
お近くにお越しの方はぜひお運びください。


 ●特別陳列「日本のアザラシと極地の動物たち」

  期 間:2017年4月15日(土)~6月11日(日)
  時 間:午前09:30~17:00(月曜休館)
  会 場:徳島県立博物館
       徳島市八万町向寺山(文化の森総合公園)
       →交通アクセスのページ

  スライド&トーク 14:00~15:00
  ① 4月16日(日)   学芸員編〉
  ② 4月29日(土・祝) 動物写真家編
  ③ 5月03日(水・祝) プロジェクトとっかり編
  ④ 5月04日(木・祝) 動物写真家編
  ⑤ 5月07日(日)   学芸員編
  ⑥ 5月21日(日)   プロジェクトとっかり編


所蔵資料展「れきはくどうぶつえん」

ただ今、新宿区立新宿歴史博物館にて
所蔵資料展「れきはくどうぶつえん」が開催中です。
人魚のミイラもあるそうですよ。

 ●所蔵資料展「れきはくどうぶつえん」

 期 間:2017年5月27日(土)~8月27日(日)
      休館 第2・4月曜日
 時 間:09:30~17:30(入館は17:00まで)
 会 場:新宿区立新宿歴史博物館 地下1階企画展示室
      東京都新宿区三栄町22
      →交通アクセスのページ
 観覧料:無料


太古の昔から私たち人類(ホモ・サピエンス)は、
動物の姿を造形することで、使用する道具への愛着を表現したり、
自然への畏れや神仏への祈りを込めたり、
人々にとって大切な物語を伝えてきました。

新宿歴史博物館が所蔵する日本画・錦絵・陶磁器・民具、
その他各種の資料には、
個性豊かな動物の姿を見つけることができます。

展示室を動物園に見立て、
いつもとはちょっぴり違った切り口で博物館資料の魅力をご紹介します。
今年の干支の酉はもちろん、猫・鶴・亀・うさぎ・馬などから
UMA(未確認生物)まで、
様々な動物たちが皆さまのご来館をお待ちしております。

京大博物館20周年「標本からみる京都大学動物学のはじまり」

京都大学総合博物館(京都市左京区吉田本町)は、
創立20周年記念企画展
「標本からみる京都大学動物学のはじまり」を
6月21日(水)から開催します。


 ●20周年記念「標本からみる京都大学動物学のはじまり」

 期 間:2017年06月21日(水)~10月08日(日)
 時 間:09:30分~16:30(入館は16:00まで)
 会 場:京都大学総合博物館
      →交通アクセスのページ



 【講演会】 
 本館3階講演室 先着順/申込み不要

 ①6月24日(土)14:00~16:00
   Paul Callomon(ドレクセル大学)・押田 龍夫(帯広畜産大学)
   「京都における明治・大正期の動物学、平瀬與一郎、平瀬貝類博物館」

 ②7月15日(土)14:00~15:30
   疋田 努(京都大学名誉教授)
   「本草学から動物学へ」

 ③8月5日(土)14:00~15:30
   本川雅治(京都大学)
   「三高動物学とこれからの博物館科学」



 【大学博物館シンポジウム】 
  7月2日(日)13:00~17:00
  本館3階講演室
  英語のみ/通訳なし

 【京都大学の動物学研究のいま】 
  8月26日(土)13:00~16:00
  企画展示室/申込み不要

 【アジアの動物学研究のいま】 
  9月2日(土)13:00~16:00
  企画展示室/申込み不要
  英語のみ/通訳なし



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。