あざらし日記3

「あざらしのおへや」の管理人ゴマスケのアザラシ日記です。海獣関係のテレビ番組の情報や、グッズ、水族館・動物園などの感想をのせています。

共生の公開シンポジウム(帯広畜産大学)

帯広畜産大学(北海道帯広市)は、
野生動物による、人や農作物への被害に対応するため、
今年度の2017年度より、野生動物の生態を詳しく知る
「農業共生圏高度専門家」という人材を育てる取り組みをしています。

この度、この取り組みを市民にも広くお伝えし、
ご関心をもっていただけますよう
11月4日(土)に公開シンポジウムを開催する運びとなりました。

ご都合がつきそうな方は、ぜひお運びくださいませ。

 ●第23回「野生生物と社会」学会大会
  公開シンポジウム
  「十勝の自然と人の暮らし-自然への影響と共存に向けて

 日 程:2017年11月4日(土) 
 時 間:15時~18時(開場14時30分)
 会 場:帯広畜産大学 講堂
      北海道帯広市稲多町西2線11番地
      →交通アクセスのページ
      →キャンパスマップのページ


スポンサーサイト

市民ZOOクロストーク 4th

NPO法人市民ZOOネットワークのイベントです。

『動物園にできること』著者の川端裕人氏
市民ZOOネットワーク代表であり、
帝京科学大学で動物園の研究に取り組む佐渡友陽一さんによる対談形式のイベントです。
海外の動物園取材から得られた視座を
どのように日本の動物園の未来につなげるか、皆さんと一緒に考えます。

市民ZOOネットワークニュース2017年10月2日号より知りました。


 ●市民ZOOクロストーク 4th
  「アメリカ動物園見聞録 ~ロードサイドからブロンクスまで~」


 日 程:2017年11月7日(火)
 時 間:18:30~20:00(開場:18:00)
 会 場:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)セミナースペース
      東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学1階 GEOC内
      →交通アクセスのページ
 ゲスト:川端裕人さん(作家)
     佐渡友陽一さん(帝京科学大学講師/市民ZOOネットワーク代表理事)
 参加費:一般2,000円/サポーター1,000円
 

●問い合わせ/参加申込み(締切り11月5日・日
  https://ws.formzu.net/fgen/S78176817/


よみがえれ!シーボルトの日本博物館

ただ今、国立民族学博物館(大阪市吹田市)
最後の巡回展を開いています。

 ●特別展「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」

 期 間:2017年8月10日(木)~10月10日()
      毎週水曜休
 時 間:午前10:00~17:00(入館は16:30まで)
 会 場:国立民族学博物館 特別展示館
      →交通アクセスのページ
      無料シャトルバス運行中
      大阪モノレール「万博記念公園駅」~国立民族学博物館


北海道大学獣医学部×札幌市円山動物園 市民公開講座

2017年2月に北海道大学獣医学部と
札幌市円山動物園は連携協定を締結いたしました。
その連携協定締結記念キックオフ企画として
市民公開講座を2017年8月25日(金)に開催いたします。


 ●「科学する動物園-大学と動物園の連携が拓く未来-」

 日 程:2017年8月25日(金)
 時 間:16:15~18:15(開場15:45)
 場 所:北海道大学 獣医学部講堂
      札幌市北区北18条西9丁目
      →交通アクセスのページ
 参加費:無料(事前申し込み/先着100名)
      ※定員になり次第締め切らせていただきます
 申 込:8月11日(金)~8月23日(水)
      ①電話(札幌市コールセンター) 011-222-4894
      ②WEB:http://www.city.sapporo.jp/callcenter/uketsuke/

【プログラム】
 16:25~17:05 小菅正夫 「動物園の将来の機能について」
 17:10~18:15 「北海道大学獣医学部及び円山動物園による報告」


「すいぞくかんとはくぶつかん」

京都水族館(京都市下京区)は、
2017年7月より京都国立博物館(京都市東山区)との
連携企画イベント
「すいぞくかんとはくぶつかん」を開催する予定です。

京都国立博物館で展示される予定の
「朱漆塗亀に流水蒔絵盃」や「龍門図」(円山応拳筆)などの
実際のいきものの姿とパネル解説をあわせた展示で
その作品の背景についても学ぶことができるほか、
絵画コンテストや館内を巡りながらオリジナルの図録を
完成させるワークショップなど
博物館との連携ならではの視点で
水族館のいきものを知ることができる企画を開催します。


 ●『京都水族館』×『京都国立博物館』
   連携企画「すいぞくかんとはくぶつかん」

 期 間:2017年7月1日(土)~9月3日(日)
 場 所:京都水族館
      京都市下京区観喜寺町35-1(梅小路公園内)
      →交通アクセスのページ


特別陳列「日本のアザラシと極地の動物たち」

海獣と人間との共存を考えるきっかけづくりをめざす
プロジェクト・とっかりからのご案内です。

今月の4月15日(土)より徳島県立博物館(徳島県徳島市)
特別陳列「日本のアザラシと極地の動物たち」が開催されます。
お近くにお越しの方はぜひお運びください。


 ●特別陳列「日本のアザラシと極地の動物たち」

  期 間:2017年4月15日(土)~6月11日(日)
  時 間:午前09:30~17:00(月曜休館)
  会 場:徳島県立博物館
       徳島市八万町向寺山(文化の森総合公園)
       →交通アクセスのページ

  スライド&トーク 14:00~15:00
  ① 4月16日(日)   学芸員編〉
  ② 4月29日(土・祝) 動物写真家編
  ③ 5月03日(水・祝) プロジェクトとっかり編
  ④ 5月04日(木・祝) 動物写真家編
  ⑤ 5月07日(日)   学芸員編
  ⑥ 5月21日(日)   プロジェクトとっかり編


所蔵資料展「れきはくどうぶつえん」

ただ今、新宿区立新宿歴史博物館にて
所蔵資料展「れきはくどうぶつえん」が開催中です。
人魚のミイラもあるそうですよ。

 ●所蔵資料展「れきはくどうぶつえん」

 期 間:2017年5月27日(土)~8月27日(日)
      休館 第2・4月曜日
 時 間:09:30~17:30(入館は17:00まで)
 会 場:新宿区立新宿歴史博物館 地下1階企画展示室
      東京都新宿区三栄町22
      →交通アクセスのページ
 観覧料:無料


太古の昔から私たち人類(ホモ・サピエンス)は、
動物の姿を造形することで、使用する道具への愛着を表現したり、
自然への畏れや神仏への祈りを込めたり、
人々にとって大切な物語を伝えてきました。

新宿歴史博物館が所蔵する日本画・錦絵・陶磁器・民具、
その他各種の資料には、
個性豊かな動物の姿を見つけることができます。

展示室を動物園に見立て、
いつもとはちょっぴり違った切り口で博物館資料の魅力をご紹介します。
今年の干支の酉はもちろん、猫・鶴・亀・うさぎ・馬などから
UMA(未確認生物)まで、
様々な動物たちが皆さまのご来館をお待ちしております。

FC2Ad