FC2ブログ

あざらし日記3

「あざらしのおへや」の管理人ゴマスケのアザラシ日記です。海獣関係のテレビ番組の情報や、グッズ、水族館・動物園などの感想をのせています。

金澤もんよう味記2

▽金澤もんようのサイトトップページ

▽金澤もんようのブログトップページ


今回、いただいた料理は、アラカルトでした。
日によって変わるメニューもたくさんあるので、
これが最もおすすめでしょう。
いただいた料理は、下のとおり。

①先付
いちじくのマリネ

先付

メープルシロップの甘味、
玉葱と生姜のからみでお酒もすすみそうです。
ちなみに、ここは、砂糖を使いません。
蜂蜜などのやわらかい甘味が、
なかなか他では味わえない料理に変身します。

②前菜

前菜

自家製チャーシュー、茸とアボガドのわさびあえ、
小鮎の山椒煮、ゴリの佃煮、ゴボウいり卵焼き、
魚粉かおる南瓜のペースト、イトウリ、サバのスモーク
甘味・辛味・苦味・旨みといろいろな味や、
食感を楽しめる最もおすすめしたいメニューです。
特に、サバのスモークは、絶品!
サバの旨みと、燻製の香りがやみつきになります。

③ブリの西京やき

ブリの西京やき

④蓮とバイ貝のグラタン

グラタン

チーズのこくと、蓮のしゃきしゃき感、
バイ貝のコリコリとした食感が味わえます。

⑤野菜の天ぷら

揚げ物

ここは、揚げ物がたいへんおすすめ。
リンゴの天ぷらを初めていただきました。
少しとろっとして甘かったです。
⑥アスパラとコーンのかき揚げシナモン風味

アスパラとコーン

夏の間だけいただけます。
シナモンがちょっとエスニックな
不思議な風味をだしてくれました
コーンの甘味と、シナモンの甘味が妙にマッチ。
これも、絶品です!

⑦和スープ
魚のお頭がだしです。
あっさりした上品な旨みがぎっしり。

⑧牛すじの雑炊
少し韓国テイストでしょうか。
牛の旨みがたっぷり、お肉はホロホロと。

⑨みかんのくずもち

みかんのくずもち

お腹いっぱいでも
食がすすむ爽やかな酸味と、
もちもち感がたまりません。

このように、和食を基本としながらも、
洋食や、インドや、韓国など様々なテイストがあり、
ここだけしか味わえないものがたくさんあります。
料理も、店主のアートといえましょう。

コース料理(3000円~)もありますよ。

いかがですか?
ワイン会のイベントもあります。
他のお店では味わうことのできない
料理をいただきながら、
素敵なひと時をお過ごし下さいね。


  ●金澤もんよう(2代目)
   石川県金沢市香林坊2-12-34
   ニュー香林坊ビル1階
   電話:076-263-7666
   月~金:18時~23時(火曜定休)
   土・日・祝:12時~23時(ランチあり)

  ●割烹勝一(1代目)
   石川県金沢市片町2-3-2 味ビル2階
   電話:076-223-1011
   平日:17時~22時(月曜定休)



スポンサーサイト



金澤もんよう味記1

▽金澤もんようのサイトトップページ

▽金澤もんようのブログトップページ


2013年8月17日(土)に、
同年6月5日にオープンした「金澤もんよう」
(石川県金沢市)で、夕ご飯をいただきました。

店主は、いつも金沢へいく時にたちよる
割烹勝一」の2代目です。
このたび、独立して新しいお店を作りました。
「割烹勝一」の方も健在で、一代目がきりもりしています。

「金澤もんよう」は、
アートにあふれた創作和食の居酒屋です。
場所は、街なかから少し奥まった
静かなたたずまいのところ。

お店の前には川のせせらぎ、
近くのお香屋さんから、
はかとなくお香のかおりがただようところへ、
こじんまりとした、洗練されたつくりのお店が、
ひっそりとみえます。
まさに大人の隠れ屋という雰囲気です。

趣味のよさはお店の外だけではありません。
店内も、店主の趣味や、
こだわりがすみずみまでゆき届いて別世界。

やわらかな陽射しでみちた店内に、
店主が創作したアートや、
ほかの作家さんが創作したアートなどがならび、
音楽好きの店主のこだわりのBGMが流れます。

山下達郎や、YMOなどを
BGMに使うお店はそうそうないのではないでしょうか?

このようにアートにあふれた素敵な空間に、
こだわりのBGM、もちろん店内は禁煙、
そして、気さくな店主との会話をまじえながら、
こりにこったおいしい料理を味わう。
ここは、こんな贅沢なひと時を味わえるのです。

けれども、決して敷居が高いわけではありません。
お値段が、較的リーズナブルなので、
ふらっと立ち寄れる気軽さもあるのが嬉しいところ。


割烹勝一にいきました3

▽割烹勝一のブログトップページ

⑤おまけ朝どれモロヘイヤのお浸し
野菜も新鮮なものが1番おいしいです。
粘り気が夏の疲れをいやしてくれそうです。

朝どれモロヘイヤ

⑥真鯛と加賀野菜の蒸し物
加賀野菜のカボチャの上品な甘さ、
昆布だしのうまみとおいしさがいくつもあります。

蒸し物

⑦酢の物
すっぱいものは、食がすすみます。

酢の物

⑧そうめん
そろそろお腹がいっぱいになるころ、
重いご飯ではなく、麺なのが嬉しいところ。
ブロッコリーのスープが目にも鮮やか、
そしてゆずの酸味が、するするとお腹に入ります。

ご飯もの

⑨グレープフルーツのアイス
これも自家製です!
チョコチップも入っており、
酸味、苦味、甘味があじわえるうえ、
とてもクリーミーでまろやか。

以上、9品でした。
今回は、猛暑が続くせいか、
夏の疲れをいやすような苦味と酸味を
きかせたものが多かったです。

勝一の売りは、揚げ物だそうで
またお邪魔した時にいただいてみたいです。
金沢にいく予定がある方、おすすめですよ。

  ●割烹勝一
    石川県金沢市片町2-3-2 味ビル2階
    電話:076-223-1011
    平日:11時30分~13時30分
       17時~22時
    土日祝:17時~22時

割烹勝一にいきました2

▽割烹勝一のブログトップページ

今回、いただいた料理は、
会席料理の勝一コース3500円です。
いただいたのは、下のとおり。

①前菜
夏野菜の揚げびたし、ゴーヤの味噌づけ、
帆立貝の干物の煮物、カニと生クリームの葛寄せ
からすみ

前菜

ゴーヤの苦味、帆立貝のうまみ、
からすみのチーズのようなうまさ、
歯ごたえがあるもの、口当たりがなめらかなものと
味も食感もバラエティにとんでいます。
しかも、ゴーヤなどが夏らしい。

②マツタケとフグのすり身のお吸い物
ここでちょっぴり秋を味わいます。
マツタケとカツオだしの香りとうまみ、
そしてフグのうまみがたまりません!

お吸い物

③お造り
メジマグロ、カンパチ、カサゴ、甘エビでした。
もちろん、新鮮です。

おつくり

④サワラの西京焼きと鱈の粕漬け焼き
夏の疲れがでるころ、
味噌と粕のうまみと塩気が元気づけられそうです。
あしらいは、干しキュウリのたまり漬け。

焼物

割烹勝一にいきました1

▽割烹勝一のブログトップページ

2012年8月18日(土)、
なじみの割烹勝一(石川県金沢市)で
夕ご飯をいただきました。
ここは一代目と、二代目がお店をきりもりしています。

店内は、洗練されたモダンダイニングのインテリア、
アットホームな接客とあわせて、落ち着いた雰囲気です。
しかも店内のカウンターは禁煙。
そのため、ゆっくりご飯をいただくことができます。

料理は、コース料理3500円から。
おいしいだけでなく、加賀らしさがあり、
比較的リーズナブル、
店主との会話というごちそうもつきます。

特に二代目が多趣味で気さくな方なので、
常連さんも多いよう。
でも、初めてこのお店に入った方でも、
あっという間に常連さんになれますよ。

↓お店の入口
お店の入口