FC2ブログ

あざらし日記3

「あざらしのおへや」の管理人ゴマスケのアザラシ日記です。海獣関係のテレビ番組の情報や、グッズ、水族館・動物園などの感想をのせています。

MSC(海洋管理協議会)の水産物をいただこう

スギ花粉が本格的に飛びはじめました。
早いうちから薬を飲んでいるにもかかわらず、
持病とあいまって寝込むことが多い状態です。
そのため、なかなか更新ができなくて
ご覧下さっているみなさんに申し訳ありません。

◇  ◇  ◇
先日、マグロをとる量を決める会議のことが
新聞やテレビなどでたくさんとりあげられました。
実は、マグロだけの問題ではないのです。

2004年、FAO(国連食糧農業機関)は、
「漁業資源の7%は枯渇し、16%が乱獲されている。
全体の57%は(乱獲と枯渇を防ぐため)
緊急に管理が必要である」と警告しました。

日本のまわりの海とて例外ではありません。
水産総合研究センターの2005年の資源評価でも
主な水産資源の半分以上が低い評価にあるとか。

○水産総合研究センターのサイト
  「データーベース等」→
  「わが国周辺の水産資源の現状を知るために」をご覧下さい


ですから、マグロに限らず、
今までのようなおいしさだけを追求した
無制限ないただき方を
私たちは改める必要がありましょう。
そこで注目されるのが
MSC(海洋管理協議会)の取りくみです。

○MSC(海洋管理協議会)のサイト
  英語です(本部:イギリス)


朝日新聞・大阪本社版(家庭欄)
2007年2月15日づけによりますと、
とり方に気をつけた魚や貝などには
MAC(海洋管理協議会)がラベルをつけ、
私たちがその魚や貝などを選べば、
捕りすぎを防ぐ漁業を応援できるという仕組です。
環境に配慮した野菜などに
エコマークをつけてるのと同じ取りくみですね。

問題は、値段が高いことと、
MACラベルをつけた水産物をおいたお店が
まだまだ少ないこと。
お店の一覧は、下のWWFのサイトにあります。
また、詳しい活動の内容ものせていますよ。

○WWFのサイト
  「海洋・沿岸」→
  「MACについて」
  「持続的な漁業の推進」などをご覧下さい

わが家も、お金の余裕があまりないけど、
なるべくこういうものをいただきたいと思います。



スポンサーサイト