FC2ブログ

あざらし日記3

「あざらしのおへや」の管理人ゴマスケのアザラシ日記です。海獣関係のテレビ番組の情報や、グッズ、水族館・動物園などの感想をのせています。

越前松島水族館へいきました4

▽越前松島水族館公式サイトトップページ

安佐動物公園(広島県安佐北区)の訪問記でも書きましたけど、
2008年の今年は、国際カエル年がもうけられています。
越前でも、カエル館にて
さまざまなパネルを展示していました。

そのパネルは

・国際カエル年のポスター
・カエル年の説明
・両生類をとりまく環境
・かえるのからだ
・外来生物法って
・カエルツボカビ症って??
・カエルクイズ10問
・国際カエル年

このように内容が、大変、充実しています。
おまけに説明が要領よくまとまとり、
レイアウトにも工夫がこらしてあって大変、読みやすいです。
そのうえ、国際カエル年のパネルは、
紙芝居のようにならべてあるため、
論理的にどうしてカエル年を設けたのか
非常にわかりやすく伝えていました。

これらのとてもすばらしいパネルも
ぜひぜひご覧くださいね。

越前のかえるパネル1   越前のかえるパネル2

スポンサーサイト



越前松島水族館へいきました3

▽越前松島水族館公式サイトトップページ

越前で目をひいたもの。
それは、4月23日にリニューアルしたペンギンプールです。
ペンギンプールというと
背景に白い氷山の絵をかいてあるプールを
みたことがある人いませんか?

実は、それでは不正確なのです。
多くのペンギンは、南極にすんでいません。
そこで越前は、フンボルトペンギンがいるところの
風景を伝えるべく岩やサボテンをおき、
草をうえました。

風景を再現することで
フンボルトペンギンの暮らしぶりがわかるだけでなく、
足への負担もへり、健康にもいいそうです。
しかもそうじをほとんどしなくてもよいとか。
アザラシプールも、流氷の風景を再現していますし、
ここは、ふれあいだけではない一面をみせていますね。

このプールでペンギンのお食事タイムがあります。
この時にペンギンを外の広場に散歩させ、
観客は間近でみながら質問できるすぐれもの。
この日は、オスとメスの違いを聞いた人がいました。

このほかにキングやイワトビもいます。
そこのコーナーでは、ペンギンの泣き声がきけますよ。
こちらとあわせて行ってみましょう。

越前のペンギン水槽1   越前のペンギン水槽2



越前松島水族館へいきました2

▽越前松島水族館公式サイトトップページ

はじめに飼育係さんより背中だけなでること、
急に大きく動かないこと、大声をださないことなどの
注意があります。そしていざふれあいのはじまりはじまり。

そこは飼育係さんにとって戦場でした。
エサを与えつつ、健康診断をしてアザラシの話をする。
これだけでも大変な作業です。
不器用でとろい私には絶対、無理でしょう。

そのうえ、この日は観客が非常に多く、
一部の観客は、背中だけさわるという約束事を無視して
アザラシのしっぽや頭にさわろうとします。
そのたびに飼育係さんは、
観客に注意をしなくてはなりません。

そんな状況にもかかわらず、
飼育係さんは必死の顔ながらも笑顔をたやさず、
なんとか解説しようとします。
やがてエサはなくなり、観客もまばらになりました。
戦い終了です。

ぐったりする飼育係さんを尻目に
おなかいっぱいになったアザラシたちは満足気。
飼育係のみなさん、お疲れさまでした。

越前のガイド給餌1   越前のガイド給餌2

越前のアザラシ3   越前のアザラシ4


越前松島水族館へいきました1

2008年8月13日(水)、
越前松島水族館(福井県三国町)へいきました。
お天気がよく、夏休みのさなかとあって
家族連れの観客が、非常に多くにぎわっていましたよ。

▽越前松島水族館の公式サイトトップページ

ここはゴマフ6頭がくらしています。
名前は、ホタル(オス)、トマム(オス)、ミミィ(メス)、
アグリ(メス)、ニーナ(メス)、リリィ(メス)。

この日のアザラシのふれあいは、
11時45分、14時、15時45分からでした。
これは、アザラシの給餌(エサやり)の時に
飼育係さんがアザラシについて解説し、
かつ観客が質問したり、アザラシにさわることができる
というアザラシ好きにはたまらない企画です。

11時45分ごろ。
私はいそいそとアザラシプールへむかいます。
アザラシたちも大興奮、
くるくると激しくまわったり、入口をのぞきこんだり。
そこへ飼育係さん2人がやってきました。

写真は越前のゴマフです。
こんなところで寝て暑くないのでしょうか?(笑)
越前のアザラシ1   越前のアザラシ2

「野付半島の自然と環境を守る」ワークショップ

今週いっぱいで8月もおわりです。
処暑もすぎ、朝晩はかなりすごしやすくなりました。
スーパーではサンマがならびはじめています。
もう少しで食欲の秋(笑)がきますね。

◇  ◇  ◇
北海道別海町にある野付湾にかんする
ワークショップが明日から北海道でひらかれる予定です。
ここは、夏でもゴマフアザラシがみられるところ。
参加できそうな方はいかがですか?

  ●開催日  8月26(火)~27日(水)
         26日14:00~16:00 現地視察
         27日 9:00~15:00 ワークショップ

  ●開催場所 別海町東公民館 大集会室
          北海道野付郡別海町尾岱沼潮見町72番地
          電話 0153-86-2141 FAX 0153-86-2142

  ●参加費  無料

  ●話題提供 鷲谷いづみ(東京大学大学院教授:保全生態学)
          樋口広芳 (東京大学大学院教授:鳥類生態学)
          加藤 真  (京都大学大学院教授:動物生態学)
          向井 宏 (北海道大学名誉教授:海洋生物生態学)
          森田正治 (野付半島ネイチャーセンター長)
          宇多高明 (土木研究センター:海岸保全工学)
          川辺みどり(東京海洋大学准教授:海洋政策学)

  ●対象   研究者、住民、地元周辺自治体、漁業・農業者ほか

  ●主催   海の生き物を守る会(AMCo)

  ●共催   別海町

  ●後援   日立環境財団

  ●申込み  26日に参加希望者のみ、下記に事前連絡
        海の生き物を守る会 代表向井(090-8563-1501)
        または真籠(0153-72-2111 ex.2220)

あざらし型湯たんぽ

7月より猛暑が続いていたけど、
お盆をすぎてからは、いくぶん涼しく、
空気がからりとしてすごしやすくなりました。
夏の疲れがでやすいころ、
みなさん、体調に気をつけてくださいね。

◇  ◇  ◇
あざらし型湯たんぽの記事です。
明日の8月23日(土)からひらかれる
常滑焼まつりに登場するとか。
お近くにお住まいの方はいかがでしょうか?


▽中日新聞(愛知県版)8月22日更新

▽中日新聞トップページ

水族館・動物園をもっと楽しみましょう

先日の7日(木)は、立秋でした。
まだまだ暑い日がつづくと思っていたのですけど、
夜になって耳をすますと、
なんともう虫の音が聞こえるではありませんか。
夏は短いものですね。びっくりしましたよ。

◇  ◇  ◇
来週のお盆あたりに
職場も夏休みに入るところが多いでしょう。
家族づれで、恋人と、あるいは1人でと
水族館や動物園にでかける人もいるかもしれません。

ぼ~っと生き物をみるのも楽しいものですが、
いつもと違う発見をしたい方は、
少し違ったこんな楽しみ方もいかがでしょうか?
これは本家の「あざらしのおへや」にものせています。
参考にしてくださいね。

▽あざらしのおへや
    「あざらしにあおう」の6水族館・動物園の楽しみ方をご覧ください


1.ノートにメモをとりましょう。
    アザラシの名前、みわけ方、給餌(エサやり)の時間、
    水槽の大きさや形、調教の内容など気づいたことを書きます。
    こうしてメモをとると、いろんなことに気づくからです。

2.写真をとったり、スケッチしたりしましょう。
    時間があればスケッチのほうがおすすめです。
    じっくりみることになるからです。

3.みる生き物を絞りましょう。
    これもじっくりみたい人におすすめ。
    いろんな生き物をみるのも楽しいけど、みる生き物を絞ると
    ふだん気づかなかったことを発見することが多いです。

4.朝か夕方にいってみましょう。
    生き物の動きが活発なことが多いですし、
    この時に給餌(エサやり)をすることが多いからです。

5.平日にいってみましょう。
    比較的すいているため、生き物がリラックスしていることも。

6.イベントやガイド給餌(エサやり)に参加する。
    園の入口に案内があることが多いです。
    案内がない場合は、受付の方に聞いてみましょう。
    ただし、時間はおおよそのところが多いので、
    時間に余裕をもたせたほうがいいですよ。
    時間はあくまでも目安です。

7.いっしょに遊んでみましょう。
    ハンカチやノート、ペン、握りこぶしなどを動かすと、
    アザラシなどがよってくることも。
    よってくるのは、子どもや若い個体が多いです。
    ただし、生き物の負担にならないよう遊んでくださいね。

8.飼育係さんに話しかけてみましょう。
    朝など生き物をじっとみている時がチャンス。
    ただし、調教中や給餌中は、話しかけないでくださいね。
    この時は、健康診断しているからです。
    飼育係さんに名前や性格などを聞いてみましょう。

9.友の会やファンクラブなどに入ってみましょう。
    入会すると雑誌をもらったり、
    特別なイベントに参加できたりします。

いかがですか?
みなさんの参考になれば幸いです。

しろたんの誕生日

毎日、暑いですね~。
今年は、熱帯夜が多くてよく眠れません。
みなさん、水分をしっかりとって
熱中症や夏バテなどに気をつけてくださいね。

◇  ◇  ◇
あざらしグッズのなかに
「しろたん」というキャラクター商品があります。
これはマザーグースの森という
お店がだしているタテゴトアザラシです。

この「しろたん」の誕生日が8月8日ということで、
マザーグースの森では、ただいまセールをしています。
グッズも好きな方はいかがですか?


▽マザーグースの森のサイトより

▽マザーグースの森のサイトトップページ


とっかりセンター夏のイベント

小学校や中学校などは夏休みです。
この休みを使って、自然や生きもののことを
楽しくふれあうのもいいでしょう。
そこでオホーツクとっかりセンター(北海道紋別市)の
夏のイベントをご紹介いたします。

     ●水中のゴマちゃんウォッチング
        日程:8月1日(金)~8月24日(日)
        時間:1日1回、12時30分より、10分程度
        場所:オホーツクとっかりセンター
            北海道紋別市海洋公園2番地
        電話:0158-24-7563


▽とっかりセンターのサイト「ニュース」より

▽とっかりセンター公式サイトトップページ


生きものとふれあう際に
もっとも大切と考えられるものは観察力です。
ですから、とてもいい企画ですね。

とっかりセンターのほかにも、
夏のイベントを行う水族館・動物園はたくさんあります。
お近くの水族館・動物園へいってみましょう。