FC2ブログ

あざらし日記3

「あざらしのおへや」の管理人ゴマスケのアザラシ日記です。海獣関係のテレビ番組の情報や、グッズ、水族館・動物園などの感想をのせています。

海のモノ展 in 葛西臨海水族園

真夏のような暑さが続いています。
暑いけど、空気がさわやかで風があるので、
いくぶんすごしやすいです。
暑いですから、みなさん水分をこまめにとって
熱中症に気をつけて下さいね。

◇  ◇  ◇
そんな暑さをふきとばすような
海をモチーフにしたグッズの展示が、
葛西臨海水族園(東京都江戸川区)で
7月9日よりひらかれます。
水族館とあわせていかがでしょうか?

    ●海のモノ展 in 葛西臨海水族園
       日程:2009年7月9日(木)~7月14日(火)
       時間:9時30分~17時00分(入園は16時まで)
       場所:葛西臨海水族園
           東京都江戸川区臨海町6-2-3
           03-3869-5152(代)
       展示のお問い合わせ先:エルタデザイン
                      03-3280-2491


▽葛西臨海水族館の公式サイトトップページ

▽海のモノ展のご案内ページ(エルタデザインより)

▽エルタデザイントップページ
スポンサーサイト



聖☆おにいさん3巻

アザラシの小ネタです。

『聖☆おにいさん』(中村光、講談社、2009年3月)
の3巻、その22「鼻とメガネと仏」に登場する梵天さん、
アザラシとアシカの違いがわかるのだそうです。

コミックスの左ページのミニ解説にでていましたよ。
このマンガは、おもしろいので一読してみるのもいいかも。


▽聖☆おにいさんのサイト(モーニングより)

聖☆おにいさん 3 (モーニングKC)聖☆おにいさん 3 (モーニングKC)
(2009/03/23)
中村 光

商品詳細を見る

夏休み あわしま満喫ツアー

明日は、1年でもっとも日が長い夏至です。
6月はホタルが飛び交う季節、
夕ご飯のあと、ホタル狩などいかがでしょうか?

◇  ◇  ◇
梅雨のあとには楽しい夏休みが待っています。
水族館・動物園は、もうそのイベントの準備を
しているところが多いようですよ。

そんななか、こんな素敵な企画をみつけました。
あわしまマリンパーク(静岡県沼津市)の
「夏休み あわしま満喫ツアー」というものです。
子どもむけと高校生以上のプログラムを用意しています。

ただ今、水族館は、このツアーの予約を受付中。
海の動物を満喫したい方は、いかがですか?


▽ツアー(子どもむけ)の案内のページ

▽ツアー(高校生以上)の案内のページ

▽あわしまマリンパークのサイトトップページ

プロフェッショナル仕事の流儀(6/16)

UPが遅れてごめんなさいね。

今夜、放送予定の「プロフェッショナル仕事の流儀」
(NHK総合、22:00~22:50)で
水中写真家の中村征夫さんが登場するようです。
題は「沈黙の海で、生命を撮る~水中写真家 中村征夫」。
海が大好きな方はいかがでしょうか?


▽番組の公式サイトトップページ

▽NHKの番組表(6/16、夜間)

まめゴマがニンテンドーDSソフトに

まめゴマのニュースです。

現在、TVKなどで放送中のアニメ
「クプ~!!まめゴマ!」が
ニンテンドーDS用ソフトとなり、来月の7月16日(木)に
発売されることになりました。

このシュミレーションゲームは、
まめゴマを世話して育てるというもの。
ゲームが好きな方、
まめゴマが好きな方はいかがでしょうか?


▽ニンテンドー「まめゴマ」サイトトップページ

▽ザ・テレビジョン6月11日更新

動物園シンポジウム「ZOO LINK」

動物園についての研究会をみつけました。
市民ZOOネットワークニュース
(2009年6月号)からの転載です。
お時間があいそうな方はいかがですか?

◇  ◇  ◇
この会では、動物や動物園に想いをもった
多分野の専門家(飼育係・獣医師・研究者・来園者・
学生・漫画家・建築家・画家・写真家
・自然保護活動家・教授など)が参加し意見を出し合い
様々な考えや視野を持って未来の動物園を思い描き、
動物園関係者及び学生や
一般の方に伝えていくことを理念とします。

今回、青木幸子氏(漫画「ZOOKEEPER」作者)、
水品繁和氏(市川市動植物園飼育係)、
名取重広氏(動物園設計者)、
森由民(動物園ライター)及び
石田おさむ氏(帝京科学大学教授)をお招きし、
講演会及びトークセッションをして頂きます。

動物園に関する職業人に動物園を
様々な角度から語っていただきます。
学生はもちろん、一般の方にとっても
楽しい会になると思います。
お誘い合わせのうえご参加ください。


  ●動物園シンポジウム「ZOO LINK」
   『~未来が創る動物園 動物園が創る未来~』
    日時:2009年6月20日(土)13:00~19:00
    会場:帝京科学大学 本館 4階 401教室
    参加費:無料
    懇親会費:学生1500円、一般3000円

▽研究会の案内のページ


のいち動物公園の訪問記3

▽高知県立のいち動物公園のサイトトップページ


のいちでは、プレーリードッグ、
カワウソ、レッサーパンダなどのみせ方に
目をひきました。

カワウソとレッサーのところでは、
飼育小屋や麻袋といった人工のものが一切ないため、
人工物にかこまれている彼らを見慣れていた私は、
木のかげや木の上で寝ている彼らを
とてもめずらしく感じましたよ。

これに対して、プレーリーのところでは、
水族館にあるヘルメット水槽のようなものから
プレーリーたちをみることができます。
サバンナのところでは、遠くから近くから
いろんな視点でみられるのもおもしろいですね。

いろいろなみせ方のなかで
私が最も興味をひいたみせ方は、
1995年(平成7)にできあがったという
ジャングルミュージアム。

動物園でも水族館でも、
個々の生き物をみせている場合、生き物どうしや自然の
つながりがわかりにくいという短所があります。

ところが、ジャングルミュージアムは、
名前のとおり、ジャングルの生き物と自然をまるごと
みせているのが特徴です。

ウンピョウとはじめとするほ乳類や、鳥類、は虫類、
そして動物園ではめずらしく魚もみせていました。
さらに、1日2回、スコールもふらしているのですよ。

ここもサバンナと同じく、
順路どおりに進むと上から下から、右から左からと
いろんな視点でみることができます。
そのうえ、ガラス面がないところもあり、
これにはびっくり。

このほかに、のいちは
裏側探検などのいろいろなイベントもあります。
学びの場としての性格が強く、
おすすめの動物園といえましょう。
アザラシはいないけど、ぜひ足を運んで下さいね。

プレーリーとジャングルミュージアム
プレーリ  ジャングルミュージアム1  ジャングルミュージアム2

コツメカワウソとレッサーパンダ
コツメカワウソ  レッサーパンダ