FC2ブログ

あざらし日記3

「あざらしのおへや」の管理人ゴマスケのアザラシ日記です。海獣関係のテレビ番組の情報や、グッズ、水族館・動物園などの感想をのせています。

日本平動物園にいきました3

▽日本平動物園のサイト


「猛獣館299」は、4階だての建物です。
このうち、1階と2階の北極圏ゾーンに
ホッキョクグマとアザラシなどがいます。

↓館内の地図ともう1つの出入り口
猛獣館299-2  猛獣館299-4  猛獣館299-3


彼らの暮らす場所は、もちろん別々ですけど、
ガラスを通してお互いの姿をみることができます。

↓水中トンネルよりアザラシをみるホッキョクグマ
アザラシプール6  アザラシプール5


アザラシプールは、入口のあたり、
ホッキョクグマと隣りあい、やや狭いようにみえます。
1階は館内です。
水中トンネルや、円形水槽などで
水中で上下左右に泳ぐ姿がみられます。

↓円形水槽
アザラシプール7


2階は半屋外で陸場があります。

↓2階の屋内のようす
アザラシプール4  アザラシプール3

↓2階屋外のようす
アザラシプール2  アザラシプール1

スポンサーサイト



日本平動物園にいきました2

▽日本平動物園のサイト


ソウヤとシズは、2009年~2010年の間、
正門の近くにあるアシカプールで
アシカと一緒に暮らしていました。

↓もとアシカプール
もとアシカプール


2010年3月29日、
日本平は、新しく「猛獣館299」をオープンさせ、
ソウヤとシズは、ここにうつりました。
日本平は、どうして猛獣とは思えない(笑)
アザラシを猛獣館に入れたのでしょうか?
それは、ホッキョクグマが関係しています。

↓猛獣館299
猛獣館299


野生のホッキョクグマは、
何を食べて生きているのでしょうか?
彼らの食べ物は、アザラシなどの動物です。
つまり、日本平は、
ホッキョクグマとアザラシの
食べる食べられる関係をみせているのです。

猛獣館ができる前は、
アザラシとほかの動物を一緒にみせる場合、
アザラシと近い種類のアシカか、
水の中でくらすペンギンがほとんどでした。

変わったところでは、
おたる水族館(北海道小樽市)の
イルカぐらいでしょうか。

つまり、日本のアザラシがいる園館で、
ホッキョクグマと組み合わせたのは、
おそらく日本平がはじめてといえましょう。

ただし、日本平の猛獣館の主役は、
ホッキョクグマであってアザラシは脇役です。


日本平動物園にいきました1

▽日本平動物園のサイト


2010年8月18日(水)、
日本平動物園(静岡市駿河区)にいけました。
この日は、夏休みのまっさかり、
小さい子どもをつれた家族連れが非常に多く、
園内は大変にぎわっていましたよ。

日本平は、2009年6月9日に
ノシャップ寒流水族館(北海道稚内市)より
ゴマフアザラシ2頭をいれました。

つづいて翌年の2010年に、
旭山動物園(北海道旭川市)よりまた1頭
ゴマフをいれています。
3頭の名前や性別などは、下のとおり。

  ソウヤ (オス) 2008年生 3歳
  シズ  (メス) 2008年生 3歳
  ソラ  (オス) 2005年生 6歳

ソウヤは、もといたノシャップ寒流水族館の
近くにある宗谷岬にちなんで名づけられたもの。
彼は、体の斑点が大きめで多く、全体的に黒茶色です。

シズは、静岡市にちなんで名づけられたもの。
彼女は、体の斑点で小さめで少なく、全体的に灰色です。

ソラは、2010年8月に日本平へいった時に
まだ日本平にいなかったため、体つきがわかりません。


日本平動物園の入口


COOL JAPAN(2011年10/1・土)

水族館をとりあげたテレビ番組です。
ただし、地上波ではありません。ご注意を。

  ●2011年10月1日(土)
   18時~18時45分、NHKBS1
   「COOL JAPAN~発掘!かっこいいニッポン」
   水族館


▽番組のサイトトップページ

▽NHKの番組表(2011年10/1)ページ

▽NHKのサイトトップページ

宮島水族館にいきました5

▽宮島水族館のサイトトップページ


宮島は、素晴らしいみどころがたくさんあります。
その中で私が最も素晴らしいと思った展示は、
おしまい近くの
「生きもののからだと暮らし」というコーナー。

ここは、生き物の衣食住をみるもの。
生き物の色、生き物の口、生き物のすみかなどを
どうしてそうなのか考えさせるコーナーです。
考えさせるところが素晴らしい。

なぜなら、クイズや、解説版などで
いろんな知識を伝えるところは多いけれども、
なぜそうなのか考えさせるところは
まだまだ少ないからです。
学校でもそういうところは少ないですね。

これは、生き物を観察することから
その背景にある進化や適応を考えさせる
たいへんよいコーナーといえましょう。

宮島の訪問記は、これでおしまいです。
長文を読んで下さってありがとうございました。

↓10時からのアシカライブ。
 アシカが色々なパフォーマンスをみせています。
アシカライブ1  アシカライブ2  アシカライブ3

↓2階のペンギンコーナーと1階のアシカコーナー。
 アシカコーナーは、屋外にあるので注意して下さい。
宮島のアシカ  宮島のペンギン2階

↓1階のコツメカワウソコーナー。
 2つの水槽をパイプでつないでいます。
宮島のコツメ1  宮島のコツメ2  宮島のコツメ3

宮島水族館にいきました4

▽宮島水族館のサイトトップページ


2011年9月4日(日)に宮島へいった時、
休日ということもあり、様々なイベントがありました。
1日で16ものイベントがあったのですよ。

イベントが多いだけでなく、
その内容も、生き物とのふれあいや
実験もの、解説ものとよりどりみどり。
これが大変、素晴らしいです。

↓11時からのペンギンふれあいタイムと
 11時15分からの生きものおもしろ講座のようす
宮島のイベント1  宮島のイベント2


また、館内のあちこちに
遊びながら学べるコーナーや、生き物の模型
などをおいてあり、遊び心もたっぷり。

↓体験コーナーと宮島の昆虫、照明にもこだわりが
宮島の体験コーナー  宮島の展示  宮島の照明


宮島にいったら、
ぜひいろいろ体験してみて下さいね。

宮島水族館にいきました3

▽宮島水族館のサイトトップページ


つぎに、宮島の特徴をあげてみましょう。

1.建築のデザインがおもしろい。
宮島には1996(平成8)年に、世界遺産に登録された、
嚴島神社と、弥山(みせん)の原始林があります。
そこで、市は水族館を作るにあたり、
宮島の景観と調和させた和風建築にしたそうです。

景観に配慮して見た目は地味なのに対し、
建物の入口の方は、嚴島神社を
モチーフにした赤い鳥居があり、華やか。
内と外の違いがおもしろいです。

↓宮島の外観と何かの遺物、
 姉妹都市のモン・サン=ミシェルのパネル
宮島の外観2  宮島の入口1  宮島の入口2


2.展示のコンセプトがはっきりしている。
宮島は、瀬戸内海の生き物を中心にみせています。
その最たるものが、再現されたカキいかだ。
日本のカキ水揚げ量の50%を、
広島のものがしめているからです。(2009年)

↓カキいかだは1階と2階で展示しています。
 宮島の名物のアナゴもいます。
カキ2  カキ3
↓小さいカキいかだと宮島でいただいたカキ
カキ1  カキ4


また、スナメリを
「瀬戸内のくじら」と紹介していました。

↓スナメリも1階と2階からみられる。
 2階ではバックヤードもみられる。
スナメリ1  スナメリ2


ここは、宮島の生き物だけではありません。
入口に何かの遺物や、
宮島と姉妹関係を結んでいる
モン・サン=ミシェル(フランスの世界遺産)の
パネルがありましたし、
2階から1階の階段のところでは、
宮島彫などをおいてあります。

宮島彫


このように、宮島水族館は世界遺産や、
歴史、名産品も紹介しており、
宮島にこだわっているのが特徴です。

宮島水族館にいきました2

▽宮島水族館のサイトトップページ


ここのゴマフたちは、
トド1頭と一緒にくらしています。

2011年9月4日に宮島へいった時、
午前9時半ごろと、午前11時半ごろの2回、
給餌(餌やり)をみることができました。
どちらも、アシカライブの前でしたよ。

↓1階から
宮島のアザラシ1  宮島のアザラシ2

そのゴマフども。
まだ新しい環境に慣れていないのか、暑さのせいか、
はたまた怪しい人がいるせいか、
食いつきがずいぶんおっとりしています。

1回目の9時半ごろでは
飼育員さんがゴマフに魚をあげようとすると、
先に給餌がおわったトドのコマチがぱっくーん。

↓1回目の給餌(餌やり)
給餌1  給餌2

給餌3  給餌4


2回目の11時半ごろでは
食べ残しの魚が水中をひらひら。
それをランがじぃ~とながめていると、
トドのコマチがめざとく魚をみつけ、
ぱっくーん。

↓2回目の給餌(餌やり)
給餌5  給餌6  給餌7

トドに餌をとられまくりです。
そんなにとろくていいのか?!ゴマフども。(笑)

宮島水族館にいきました1

▽宮島水族館のサイトトップページ


2011年9月4日(日)、
待ちに待った宮島水族館(広島県廿日市市)へ
いくことができました。

どうして待ちに待ったかといいますと、
宮島は、リニューアル工事のため、
2008(平成20)年12月1日にいったん休館し、
2011(平成23)年8月1日から
またオープンしたからです。

宮島は、ゴマフが4頭
(1頭はバックヤード)のほか、トド・アシカ・
スナメリ・コツメカワウソ・ペンギンがいます。
海獣好きにはたまりません。

ゴマフの名前などは、下のとおり。

  ゴロー (オス) 16歳
  フミ  (メス) 18歳
  ラン  (メス)  8歳
  ナナ  (メス) 15歳 バックヤード

3頭のみわけ方ですけど、
フミは全身白っぽく、
ランは丸い顔、ゴローは1番体が大きく
額に白星があることです。

↓宮島水族館の外観と宮島の仔シカ
宮島水族館の外観1  宮島のこじか


↓2階アザラシプールのようす
アザラシプール1  アザラシプール4  アザラシプール2

↓1階アザラシプールにあったもの
アザラシプール3

教科書にのせたい!(2011年9/13・火)

動物や、動物園のことをとりあげる
テレビ番組をみつけました。
番組の予告動画ではアザラシもあります。
関心がある方は、どうぞご覧下さいませ。


  ●2011年9月13日(火)
   19時~20時54分、TBS系
   「教科書にのせたい!豪華2本立てスペシャル!!」


▽ヤッフーサイトより

▽TBSの番組表ページ(2011年9/13)

▽TBSのサイトトップページ