FC2ブログ

あざらし日記3

「あざらしのおへや」の管理人ゴマスケのアザラシ日記です。海獣関係のテレビ番組の情報や、グッズ、水族館・動物園などの感想をのせています。

近代における動物を通した自己認識を考える(歴史学研究会)

大手の歴史学の学会の一つ、
歴史学研究会の近代史部会が、動物史をテーマとする例会をひらきます。
動物園もとりあげられますよ。

歴史学研究会 近代史部会 運営委員会ブログより
 (2015年3月21日土曜日更新)


  ●歴史学研究会近代史部会2014年度春例会
  「近代における動物を通した自己認識を考える」

  (開催趣旨) 
  この度の歴史学研究会近代史部会春例会では、
  近代において人間が動物との関係を通して
  いかに自己認識を形成してきたのか、
  その実態及び過程について検討する。

  伊東剛史氏にはイギリス史の視点から、
  白石(那須)千鶴氏にはアメリカ史の視点から報告していただき、
  「動物史」の観点に基づいて近代とは何かという問題を考察する。

    日程:2015年4月4日(土)
    時間:13時~
    会場:早稲田大学 早稲田キャンパス 26号館 302会議室
        東京都新宿区西早稲田1−6−1
        →交通アクセスのページ
        →早稲田キャンパスの地図のページ

  (報告)
  (1)伊東剛史氏
   (東京外国語大学講師・イギリス史、人と動物の関係史)
   「擬人化と馴致――ヴィクトリア期ロンドン動物園の《domesticity》」

  (2)白石(那須)千鶴氏
   (東洋学園大学非常勤講師・アメリカジェンダー史)
   「近代化の中の動物――アメリカの「近代家族」の出現との関わりから」(仮)

ご関心がある方は、いかがでしょうか?


スポンサーサイト



動物園の研究会2つ(2015年3月14日・15日)

動物園についての研究会を2つご紹介いたします。

この情報は、動物園をとおして人と動物の関係を考える
NPO法人「市民ZOOネットワーク」による
2015年3月1日配信のメールマガジンから知りえました。

動物園のことを勉強したい方は、いかがでしょうか?


  (1)春の動物園研究会
     『動物園は何を“教育”できているのか』


       日時:2015年3月14日(土) 13:30~17:00
       会場:日本大学歯学部 3号館 2階 講堂
           東京都千代田区神田駿河台1-8-13
           →交通アクセスのページ
       会費:会員:無料(年会費5,000円)
       非会員:1,000円(一般学生問わず)

       ※情報交換会は、別会場で行う予定です。
         予算・場所は別途お知らせいたします。
         会場を押さえる関係で、お申込と同時に
         情報交換会の参加の可否もご連絡くださいますようお願いいたします。

       申込:study@zoo-net.org(動物園研究会事務局)に
           氏名、所属、情報交換会の参加の可否3月10日までにご連絡ください。


  (2)動物園大学5 in 高知 ず~ぜよ。

       動物園大学とは、京都大学および連携する動物園が協力して
       情報交換・共同研究・教育普及をおこなうプロジェクトです。
       のいち動物公園にて開催される今回のテーマは
       「動物園動物の健康と福祉」です。

       日時:2015年3月15日(日) 午前9:45~
       場所:のいち動物公園
           高知県香南市野市町大谷738
           →交通アクセスのページ
       詳しくは→http://www.noichizoo.or.jp/zoozeyonoichi.htm



「動物の絵画の250年」(府中市美術館)

府中市美術館(東京都府中市)が、
2015年3月7日(土)より、動物の絵画の展示を行います。


  ●「動物の絵画の250年」
     日程:2015年3月7日(土)~2015年4月5日(水)…前期
         2015年4月7日(火)~2015年5月6日(水)…後期
     時間:午前10時~17時(入場は16時30分まで)
     場所:府中市美術館
         東京都府中市浅間町1-3
         →交通アクセスのページ

◇◇◇サイトより

大自然の中で動物と出会った時や、身近な動物を見つめている時、
私たちは、人とは別の「生命」の不思議さに思いを寄せ、言葉にならない感慨を抱きます。

一方で、人はまた、自らの暮らしのため、動物をさまざまに使ってきました。
畏れ、愛おしさ、そして悩ましさなど、人が動物に対して抱く気持ちは一通りではありません。

動物という存在から、人は色々な美術を生み出しました。
とりわけ江戸時代の動物絵画は、本当に多彩です。
中世からの伝統を受け継ぐ作品はもちろんのこと、
個性的な画家による楽しい作品も数多くあります。

多くの人たちが絵を「楽しむ」時代になったことが、その一因でしょう。
「芸術とはこうあるべきだ」といった考え方に必ずしも縛られない時代だったので、
人と動物との多様で複雑な関係が、
ありのまま作品に映し出されている面もあるように思われます。

もし動物が人と同じことを演じたらどうなるだろう、
こんな動物がいたら面白いのに……
頭のなかで広がる想像の世界を描いた作品には驚かされます。

また、伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)の描く鶏のように、
動物の姿や動きから触発されて、
思わぬ斬新な造形が生まれることもありました。

さらには、動物が呼び起こす、得も言われぬ風情やおかしさ、
そして、愛おしくて仕方ない気持ちや切なさ……
江戸時代の動物絵画は、遠い昔というよりも、
むしろ私たちと何ら変わらない人々の動物への気持ちや、
動物を描く楽しさを伝えてくれるのです。

本展は、2007年に開催した「動物絵画の100年 1751-1850」の続編です。
前期、後期あわせて、およそ160点の作品をご覧いただきます。

安佐動物公園のマンガ最新でます

広島市安佐動物公園(広島県)のニュースです。

飼育員さんの南方延宣 さんが描いているマンガが、
大変、面白い、という評判をよび、ついに本として出版されました。
第一作は、『ヒヒ通』です。

これがさらに人気をよび、第二作『キリマンじゃろ』が出版されました。

   (1) 『ヒヒ通』       B5判117ページ 950円(税込)
   (2) 『キリマンじゃろ』  B5判140ページ 1,000円(税込)


  →安佐動物公園が刊行した本の紹介ページ

そして、今度は、第三作めの
『キリマンじゃろのつづき』が、2015年3月7日(土)より

①安佐動物公園内、
②広島市の大型書店、
③通信販売

で発売されます。
最新刊の発行をおめでとうございます!!

発売日の2015年3月7日(土)には、
安佐動物公園で、発売のイベントも行われる予定です。

  →マンガ発売のイベントのページ

皆さま、抱腹絶倒もののマンガをぜひご覧くださいませ。