FC2ブログ

あざらし日記3

「あざらしのおへや」の管理人ゴマスケのアザラシ日記です。海獣関係のテレビ番組の情報や、グッズ、水族館・動物園などの感想をのせています。

サイエンスカフェ「バイオロギングってなんだろう?」

ただ今、参加者を募集中の大阪海遊館(大阪市)のイベントです。
2015年7月10日(金)からのミニ企画展
「バイオロギングってなんだろう
~生き物目線で迫る行動と生態~」を開催にあわせたものです。

この情報は、
「メルマガ海遊館 2015年7月号 Vol.112」より知りました。
ご関心がある方は、いかがでしょうか?


  ●サイエンスカフェ
   「バイオロギングってなんだろう?

    日程:2015(平成27)年7月11日(土)
    時間:午前9時45分~12時
    場所:海遊館 VIPルーム
        大阪府大阪市港区海岸通1−1−10
        →交通アクセスのページ
    対象:小学校高学年以上の方、計20名 
        ※小学生は18歳以上の保護者同伴が必要
    参加費:無料(海遊館入館料が別途必要)
    締切:2015(平成27)年7月2日(木)着信有効

    内 容:
    09:45 受付 海遊館案内所に集合(チケットブース横)
    10:10 開催のご挨拶
           館長 西田清徳
    10:15 話題1 「バイオロギング入門」
           宮下和士(北海道大学)
    10:55 休憩 新商品"ジンベエパン"の試食
    11:00 話題2 「フィールドでのバイオロギング」
           津田裕一(北海道大学)
    11:30 話題3 「海遊館でのバイオロギング」
           伊東隆臣(海遊館 獣医師)
    12:00 終了

  →参加の応募方法のページ

「バイオロギング(Bio-logging)」
  生き物に小型の記録装置を付けて、
  その生き物(Bio)が自らの行動を記録(logging)する研究手法で、
  観察が難しい海洋生物の行動を記録することができ、
  その成果が世界中で注目されています。


スポンサーサイト



開館15周年記念写真展「災害をのりこえる」

アクアマリンふくしま(福島県いわき市)の写真展示です。
この情報は、
「アクアマリンふくしまメールマガジ平成27年6月第1号」より知りました。
ご関心がある方は、いかがでしょうか?


  ●開館15周年記念写真展「災害をのりこえる

    日程:2015(平成27)年6月13日(土)~10月4日(日)
    時間:午前9時~午後5時30分
    場所:アクアマリンふくしま ショップ前スロープ
        福島県いわき市小名浜字辰巳町50
        →交通アクセスのページ

        ◇◇◇以下、サイトより転載

        2011年3月11日に発生した東日本大震災により、
        アクアマリンふくしまでは多くの生物を失い、
        施設も大きな被害を受けました。

        しかし、多くの方の支援を受け、
        4ヶ月後に再オープンをすることができました。

        この写真展では、震災の被害から
        再オープンするまでの写真を展示するとともに、
        新しい時代へと歩み出した
        アクアマリンふくしまの未来への構想を紹介します。


企画展「漁とくらしの道具~動かすチカラはどう変わった」

ただ今、海の博物館(三重県鳥羽市)が、
明治時代より後の漁業道具などを展示しております。

お近くの
二見シーパラダイス(伊勢市)
鳥羽水族館(鳥羽市)
三重県総合博物館(津市)
斎宮歴史博物館(明和町)とあわせていかがでしょうか?


  ●夏季企画展
   「漁とくらしの道具~動かすチカラはどう変わった

    日程:2015年6月13日(土)~2015年9月6日(日)
    時間:午前09:00~午後05:00(最終入館 午後04:30)
    会場:海の博物館 特別展示室
        三重県鳥羽市浦村町大吉1731-68
        →交通アクセスのページ


こうした漁法や漁具は、
生き物を相手にするだけに、明治時代より前の時代は
ずうっと昔から同じ方法が続いてるように思いがちです。

けれども、考古学や文献をひもときますと、
いかに生き物をたくさんとれるか、いつの時代にも新しい漁法や漁具が
考案されていったことかが解明されつつあります。

江戸時代では、地域によっては、すでに乱獲の問題もおこり、
人々の間でも乱獲が問題視されておりました。
明治時代より前でも、
必ずしも人と自然が調和していたわけではありません。


第25回 世界博物館大会(2019年・平成31年秋)

ICOM(国際博物館会議)の諮問委員会は、
2019年(平成31年)秋にひらく予定の「第25回 世界博物館大会」を、
京都市で行うことに決めたと発表しました。

「世界博物館大会」を日本でひらくのは初めてのことです。


▽文部科学省(平成27年6月3日 第25回世界博物館大会の開催地の決定について)

▽ICOM(国際博物館会議)日本委員会

◇◇◇サイトより転載

ICOM(国際博物館会議)は、
1946年に創設された、国際的な非政府機関です。
世界137カ国(地域を含む)から
約3万人の博物館専門家が参加しています。

地球規模で博物館と博物館専門家を代表する団体として、
UNESCO(ユネスコ)と協力関係を保ち、
国連では経済社会理事会の諮問資格を有しています。


第4回 神戸 すべての生き物のケアを考える国際会議2015(7/19)

11月のキロさんらからお教えいただきました。

7月に神戸で人間と野生動物の共存の取り組みが紹介されます。
そのなかに、アザラシも入っていますので、
ご都合がつきそうな方は、ぜひぜひ足を運んで下さいませ。
参加費は、無料です。


  ●第4回 神戸 すべての生き物のケアを考える国際会議2015
      →プログラムのページ

  ▽オーラルセッション2
      「One Plan Approach
      ~野生動物と共存していくための包括的な取り組み

      
      日程:2015年7月19日(日)
      時間:14:30~17:30
      会場:神戸ポートアイランド 神戸大学統合研究拠点 ラウンジ
          神戸市中央区港島南町7丁目1-48
          →交通アクセスのページ

    (1)江崎 保男 氏
      (兵庫県立大学大学院 地域資源マネジメント研究科
       /県立コウノトリの郷公園)
      「コウノトリ野生復帰にみる人と自然の共生」

    (2)佐藤 哲也 氏
      (神戸どうぶつ王国園長/公益社団法人日本動物園
       水族館協会生物多様性委員会副委員長)
      「ツシマヤマネコの生息域外保全事業」

    (3)藤井 啓 氏
     (プロジェクトとっかり)
     「知っていますか? ゼニガタアザラシと漁業をめぐる問題」




映画「福島 生きものの記録」

このたび、東日本大震災後の
福島県で生きる野生動物の姿を追う「群像舎」が
ドキュメンタリー映画の第3作め
「福島 生きものの記録 シリーズ3〜拡散〜」(91分)を完成させました。

被害にあうのは、人間だけではありません。
映画の上映の予定は、以下のとおりです。
ご関心がある方は、いかがでしょうか?


  ●6月25日(木)・26日(金)・29日(土)
     会場:千代田区立日比谷図書文化館
         日比谷図書文化館コンベンションホール
         東京都千代田区日比谷公園1-4(旧・都立日比谷図書館)
         →交通アクセスのページ
     

     入場料(カンパ金):一般1000円  中高生・シニア700円
     問い合わせ先   :群像舎
                 電話03-3267-3997


情報のソースはこちらより。
▽毎日新聞2015年6月5日更新
 「希望新聞:東日本大震災 原発5キロ圏内、野生動物追う 映画「福島 生きものの記録」


動物に関するテレビ番組

動物関係のテレビ番組です。
ご関心がある方は、いかがでしょうか?



  ●2015年6月8日(月)→明朝です
   午前07:05~午前07:50、NHKBS1(101)
   「キャッチ!世界の視点
   ▽動物に“人権”を認める?・論争の背景とは

   ▽NHKの番組表ページ(2015年6月8日)



  ●2015年6月11日(木)
   午後03:35~午後04:00、NHK総合
   「クローズアップ東北
   生き物と まっすぐに~松島水族館の飼育員たち~

   ▽NHKの番組表ページ(2015年6月11日)



  ●2015年6月12日(金)
   午後10:00~午後10:50、NHKBS1
   「国際報道2015
   ▽潜入!ミャンマー・ロヒンギャの村
     ・差別の背景に何があるのか
   ▽シベリアの真珠・バイカル湖が危ない
     ・最低水位を更新
     ・魚の激減でアザラシも危機に
     ・世界屈指の透明度が

   ▽NHKの番組表ページ(2015年6月12日)

◇◇◇関連ニュース

   ▽バイカル湖の水位が最低水準に、ロシア当局が警鐘
    (「AFPBB News」 2015年01月21日 発信地:モスクワ/ロシア)

   ▽バイカル湖水位40cm低下
    (「ロシアNOW」 2015年01月16日 グレブ・フョドロフ 原語ロシア語)

   ▽バイカル湖の水位低下 「危機的」数値まで2センチ
    (「日本経済新聞」 2015年02月13日)



  ●2015年6月13日(土)
   午後07:00~午後07:45、NHKEテレ
   「地球ドラマチック
   野生動物レスキュー最前線 第1回「決断」(2014年英国・米国)

   ▽NHKの番組表ページ(2015年6月13日)


追記

  ●2015年6月10日(水)
   午後07:30~午後07:56、NHK総合
   「NHKクローズアップ現代
   イルカ・クライシス~揺れる水族館・動物園~

  ▽NHKの番組表ページ(2015年6月10日)