FC2ブログ

あざらし日記3

「あざらしのおへや」の管理人ゴマスケのアザラシ日記です。海獣関係のテレビ番組の情報や、グッズ、水族館・動物園などの感想をのせています。

大正大学「映像祭」(2015年10/31・土)

大正大学(東京都豊島区)
学園祭「鴨台祭(おうだいさい)」のプレイベントです。
自然や野生生物をテーマにした世界水準の映像の映像祭
「世界自然・野生生物映像祭in大正大学 共生~自然から学ぶ生きる力~」を、
2015年10月31日(土)に開催します。

入場料は無料、予約もいりません。

情報はこちらから
▽読売新聞(プレリリース)2015年10月21日更新




  ●「世界自然・野生生物映像祭in大正大学 共生~自然から学ぶ生きる力~

  日程:2015年10月31日(土)
  時間:開場12:30 上映13:00~16:15(予定)
  会場:大正大学 巣鴨キャンパス 7号館 5階(753~755教室)
      東京都豊島区西巣鴨3−20−1
      →交通アクセスのページ
  
上映作品
  「希望の光」
  「神秘の球体 マリモ ~北海道 阿寒湖の奇跡~」など

ゲスト(予定)
  NHKディレクター 長谷川 悠氏(「神秘の球体 マリモ」制作者)

●主催・企画・運営
  大正大学表現学部 表現文化学科エンターテインメントビジネスコース



スポンサーサイト



特別展「歴史どうぶつえん」(豊岡市立歴史博物館)

豊岡市立歴史博物館 但馬国府・国分寺館
(兵庫県豊岡市)が、ただ今、
特別展「歴史どうぶつえん-暮らしの中の動物たち」を開いています。
これは、豊岡市が行っている、コウノトリの放鳥10周年にちなんだもの。

情報もと
▽毎日新聞(但馬)2015年10月14日更新

▽神戸新聞(但馬)2015年10月20日更新



  ●特別展
  「歴史どうぶつえん-暮らしの中の動物たち

  日程:2015年09月17日(木)~2015年11月10日(火)
  時間:午前9時~午後5時(入館は、午後4時30分まで)
     休館日 毎週水曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)
  場所:豊岡市立歴史博物館 但馬国府・国分寺館
      兵庫県豊岡市日高町祢布808
      →交通アクセスのページ




この特別展にあわせたイベントも2つ行われます。

  (1)学芸員講座
  演 題:「暮らしの中の動物たち~その歴史を紐解く~」
  日 程:2015年10月31日(土)
  時 間:午後1時30分~午後3時00分
  講 師:前岡 孝彰氏(当館学芸員)
  会 場:豊岡市立歴史博物館 映像ホール

  *聴講には入館料が必要です。
  *予約は不要です。
  *講座終了後、特別展の展示解説をおこないます。


  (2)おはなし会「どうぶつたちの昔ばなし」
  日 程:2015年10月31日(土)
  時 間:午前10時~午前111時
  読み聞かせ:豊岡市立図書館日高分館 職員
  場 所:豊岡市立歴史博物館 映像ホール

  *中学生以下は無料。
   (保護者は入館料が必要です)
  *予約は不要です。


兵庫県立コウノトリの郷公園などとあわせていかがでしょうか?


円山動物園が市民意見を募集(10/28まで)

マレーグマの死亡事故など
次々と問題が噴出している円山動物園(札幌市中央区)が、
ただ今、マレーグマの改善へむけて、
10月28日(水)まで札幌市民からの意見を募集しています。

▽マレーグマ「ウッチー」の死亡事案に係る
 改善計画(中期的課題)に対する市民提案の募集について(円山動物園)


それにしても、円山動物園は、
リニューアルにともない、「市民動物園会議」を
2007(平成19)年よりもうけ、既に25回も会議を重ねています。
ゾウの飼育も、一部の札幌市民からの要望でした。

こちらとの連携は、どうなっているのでしょうか?

▽2014年12月12日~2015年1月11日の意見募集の結果


ワイルドライフマネジメントフォーラム特別講演会(10/28)

EICネットのニュースより知りました。
東京で野生生物保護管理の最新の流れがお聞きできます。
お時間がとれそうな方は、いかがでしょうか?


 ●ワイルドライフマネジメントフォーラム特別講演会
  「野生生物保護管理の最新潮流
  ~IWMC2015から見えてきたもの~」

 日程:2015年10月28日(水)
 時間:18:30~20:30(開場:18:00)
 会場:ECOZZERIAエコッツェリア
    東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビル10階
    →交通アクセスのページ
 定員:90名(参加無料 定員になりしだい締切ます)

申込は

(1)参加者の氏名、(2)年齢、(3)住所と電話番号、(4)所属
「フォーラム参加希望」と記載し


shiretokodaigaku@gmail.com宛メールを送って下さい。




 シカやイノシシ、クマなどの野生生物による
 農林水産業被害の増加、その対策として
 今春施行された改正鳥獣保護法に象徴されるように、
 野生生物と人間社会との軋轢が高まっています。

 その一方で、希少な絶滅危惧生物の危機的な状況は変わらず、
 地球温暖化の進行は生物多様性の維持を困難にしています。

 鳥インフルエンザやエボラ出血熱など
 人類がかつて経験したことのない重篤な感染症と、
 野生生物との関係も最近の研究で明らかになってきました。

 現代社会は、野生生物と人間との関係を改めて考え、
 再考築しなければならない時代といえます。

 本年7月、こうした関係性を考えるために
 世界の哺乳類研究者や実務家が一堂に会した
 「第5回国際野生動物管理学術会議」(IWMC2015)が札幌市で開催されました。

 この実行委員長であり日本哺乳類学会理事長の
 梶光一東京農工大学教授を招き、
 この会議から見えてきた世界の野生生物管理の最新情報をお話しいただき、
 これからの日本での「人と野生生物との付き合い方」や
 「世界の中で日本がどのような役割を果たすべきか」を
 考える特別講演会を開催します。


水族館がでるテレビ番組(2015 年10 月 10 日)

直前のご案内を申し訳ございません。
明日のNHK「マサカメTV」にて水族館の楽しみ方が
とりあげられるようです。
アザラシやラッコもでるもよう。


  ●2015年10月10日(土)
   18:10~18:42、NHK総合
   「マサカメTV
   水族館

  ▽NHKの番組表ページ(2015年10月10日)


再放送…15日(木)の深夜
10月16日(金)、午前02:30~午前03:02、NHK総合
▽NHKのテレビ番組表(2015年10月15日)

ご関心がある方は、なにとぞご覧くださいませ。

写真展「WILD-Animals in Contemporary Photography」

明日の土曜日より、東京調布市にて
下のような動物の現代アート写真展がひらかれます。

情報ソース
▽デジカメWatch2015年10月1日更新


  ●写真展
   「WILD-Animals in Contemporary Photography

  野生動物や野生化した
  動物の写真をテーマにしているわけでもないのに、
  動物写真の現代アート展のタイトルを「野生」と銘打っているのは、
  純粋な皮肉として受け取ってもらいたい。

  会期:2015年100月3日(土)~2015年11月1日(日)
  時間:午前10時~午後6時30分
  休廊:水曜日
  会場:プラザ・ギャラリー
      東京都調布市仙川町1-24-1 
      仙川アヴェニュー南パティオ1階
     →交通アクセスのページ


行けそうな方は、いかがでしょうか?