FC2ブログ

あざらし日記3

「あざらしのおへや」の管理人ゴマスケのアザラシ日記です。海獣関係のテレビ番組の情報や、グッズ、水族館・動物園などの感想をのせています。

『歴史学研究』939号(2015年12月号)

日本の最大手の歴史学会の1つである
歴史学研究会」が、今年度(2015年度)の全大会で
初めて環境史をとりあげました。
題して「「環境から問う帝国/ 帝国主義」」。


▽「あざらし日記3」2015年4月22日更新
  →全大会の紹介。
▽「あざらし日記3」2015年11月3日更新
  →学会が発行する雑誌に論文が掲載された紹介。

今月号(939号、2015年12月)の学会雑誌は、
この全大会報告の各部会ごとの批判をのせております。


▽『歴史学研究』939(2015年12月、青木書店)


環境史をとりあげた全大会では、
沼尻晃伸氏と飯島渉氏のお2人が批判を執筆されました。
主な批判点は、下のとおりと理解しました。

① 「環境」の定義なしに論が進められていること。
② テーマが帝国主義を問う、としながら
  全報告ともに帝国側のみ扱っていること。

この雑誌は、本屋さん、図書館に置いてあります。
ほかの論文も興味深いのでぜひともご覧下さいませ。


スポンサーサイト