FC2ブログ

あざらし日記3

「あざらしのおへや」の管理人ゴマスケのアザラシ日記です。海獣関係のテレビ番組の情報や、グッズ、水族館・動物園などの感想をのせています。

特別展「鹿-「鹿と古代人」その後-」

鈴鹿市考古博物館(三重県)が、
ただ今、特別展「鹿-「鹿と古代人」その後-」をひらいております。
行けそうな方は、ぜひ足を運んで下さい。


  ●特別展「鹿-「鹿と古代人」その後-」

   期 日:2016年1月23日(土)~3月6日(日)
   会 場:博物館特別展示室
         三重県鈴鹿市国分町224
        →交通アクセスのページ
   観覧料:常設展観覧料と共通

   鹿は原始・古代の人々にとって、
   肉は貴重なタンパク源として、骨や皮は道具の素材として重要なものであり、
   また、身近な動物であったため、
   弥生土器や銅鐸の絵画や埴輪などの造形に表されています。

   そして、春日大社や厳島神社の
   神鹿のように神聖な動物としても扱われるなど、
   人々とのかかわりは深く、長い年月にわたります。 

   鈴鹿市考古博物館は平成10年10月に開館し、
   記念特別展として鈴鹿の地名の由来で
   市のマスコットにもなっている「鹿」をテーマに展示を行いました。

   今回、開館から15年以上が経過したことから、
   再び「鹿」をテーマにすることとなりました。
   新たに発掘された資料を中心に、
   前回展示できなかった資料を加え、
   古代人の「鹿」と人のかかわりについて紹介します。


◆◆関連講演会・連続講座「シカとヒト」◆◆

 第2回 「遺跡出土の絵画から考える」
   講師:橋本 裕行 氏
       (奈良県立橿原考古学研究所附属博物館)
   日程:2016年2月14日(日) 


 第3回 「文字資料から考える」
   講師:馬場 基 氏
       (奈良文化財研究所)
   日程:2016年3月6日(日) 

 14時~、博物館講堂、聴講無料



スポンサーサイト



第31回 北方圏国際シンポジウム(2/21~2/24)

北海道紋別市が毎年、開催するシンポジウムです。
アザラシだけを飼育する施設、
とっかりセンターの職員も、研究報告します。

  ●第31回 北方圏国際シンポジウム

  日 程:2016年2月21日(日)~2月24日(水)
  場 所:(1) 紋別市民会館
       北海道紋別市潮見町1丁目  電話 0158−24−2416
       (2) 紋別市文化会館 
       北海道紋別市幸町3丁目    電話 0158−24−2111

  ▽シンポジウムプログラム(PDFファイル)



【開催趣旨】

オホーツク海の海洋研究の重要性

世界の海の10パーセントを覆う流氷は、
地球の熱的バランスの一翼を担って、大気や海洋の
大循環の駆動力を生み出しています。
我が国唯一の凍る海“オホーツク海”は、
世界で最も低緯度の凍る海・流氷の南限です。
毎冬、その60~70パーセントは流氷野となり、
私たちの生活にも功罪両面の働きをしています。

近年、沿岸漁業の重要性が増大し、
浅海域の水産資源、増殖施設の流氷対策が重要となっています。
また、サハリン大陸棚での石油・天然ガス開発に伴う
油汚染防止対策の確立も急務となっています。

このように流氷は気象、海象、海洋生物などの地球環境のみならず、
水産業、農業、工業などの生産活動にも深く関わっています。

さらに地球温暖化の影響により
北極海の海氷面積は急激に減少しています。
このことは環境問題としては由々しき事態ですが、
その一方で極東アジアと欧州を結ぶ「北極海航路の開通」という
新ルートの開発が注目を集めており、氷海域研究の重要性はますます高まっています。

北方圏国際シンポジウム『オホーツク海と流氷』は、
これまで30回の開催を通して数多くの研究成果が発表され、
国内外から高く評価されております。

第31回北方圏国際シンポジウムでは、
これまでの成果をさらに発展させるために、
氷海に関わるすべての分野の研究報告、
「オホーツク~ふるさとの海」、「氷海の民シンポジウム」、
「子どもと親の流氷シンポジウム」など、
オホーツク圏における産業や経済、文化などの発展を
目指して開催されるものです。



セミナー「黎明期のロンドン動物園」(3/27・日)

NPO法人「市民ZOOネットワーク」
市民ZOOネットワーク3月セミナーは、「黎明期のロンドン動物園」です。
2016年2月1日配信の
「市民ZOOネットワークニュース」より知りました。
以下、メールマガジンからの転載です。


  ●市民ZOOネットワーク3月セミナー
    「黎明期のロンドン動物園
   伊東 剛史さん(東京外国語大学大学院総合国際学研究院講師)
       

  日 程:2016年3月27日(日)
  時 間:14時00分~17時00分
  会 場:東京外国語大学本郷サテライト 3階セミナールーム
       東京都文京区本郷2-14-10
       →交通アクセスのページ
  参加費:一般2,000円 サポーター1,000円

お問合せ・お申込み:
  タイトルに「市民ZOOネットワーク3月セミナー」
  本文に、
  (1)お名前、(2)連絡先(a電話番号、bメールアドレス)を記入の上、
  info@zoo-net.org までどうぞ
  申込締切は3月20日(日)まで。



【伊東さんからのメッセージ】

一般的に動物園には4つの役割があると言われています。
JAZA(日本動物園水族館協会)のウェブサイトには、
「種の保存」、「教育・環境教育」、「調査・研究」、「レクリエーション」という、
動物園と水族館の使命が明記されています。

しかし、これらの使命は、最初から自明のものとして
動物園にあたえられたわけではありません。
むしろ、動物園が絶えず変化する社会環境に順応する過程で、
自らの存在意義を証明するために掲げられるようになり、
少しずつかたちを変えながら現在へと引き継がれてきたのです。

今から2世紀ほど時間をさかのぼって、
「世界で最初の科学的動物園」と言われるロンドン動物園を舞台に、
このような動物園の歴史的変遷を考えてみたいと思います。



サイト更新お休みのお知らせ

本ブログ「あざらし日記3」と
本家サイト「あざらしのおへや」をご覧下さり、
誠にありがとうございます。

さて、みなさまにお知らせがあります。
私、ゴマスケは、体調不良により、
4月29日(木)からしばらくサイトの更新を
お休みさせていただくことにしました。
ただし、ブログは体調がよければ更新したいと
考えております。

更新を楽しみにしている方には、
たいへん申し訳なく、心苦しいかぎりですが、
なにとぞご理解下さいませ。

水族館や動物やニュースを知りたい方は、
下のブログをご覧下さいませ。

●ZOONEWS BLOG(管理人ぜのぱすさん)

それでは、みなさまよろしくお願いいたします。




追記【重要なお知らせ】
色々な事情により本家サイト「あざらしのへや」は、
2016年2月1日をもって閉鎖をすることにいたしました。
「アザラシニュース」などのログをとりたい方は、
ご多用のところ恐れ入りますが、お早めに行うことをおすすめいたします。

皆様、長いことご覧下さって誠にありがとうございました。

ブログは続ける予定ですので、
こちらでは引き続き、ご愛顧をいただけましたら幸いに存じます。