FC2ブログ

あざらし日記3

「あざらしのおへや」の管理人ゴマスケのアザラシ日記です。海獣関係のテレビ番組の情報や、グッズ、水族館・動物園などの感想をのせています。

動物関係の美術展

学校は、そろそろ夏休みもおわりですね。
今、美術館では動物関係の企画展示が花ざかりです。
行けそうな方は、いかがですか?

▽朝日新聞(文化)8月6日更新より


●記事にでてくる美術館
1.小杉放菴(ほうあん)記念日光美術館(栃木県日光市)

2.横須賀美術館(神奈川県横須賀市)

3.山種美術館(東京都渋谷区)

4.はけの森美術館(東京都小金井市)

5.世界の民俗人形博物館(長野県須坂市)

6.中山道広重美術館(岐阜県恵那市)

【感想】
動物別に浮世絵をならべていました。
浮世絵ですので、扱う時代はだいたい江戸時代、
場所も江戸です。

解説がしっかりしていて
人間と動物の関係や、江戸の人々の動物観が
うかがえるようになっています。
これは、おすすめ。

7.京都国立博物館(京都市東山区)

【感想】
動物別に絵、工芸品、彫刻などを
いろいろな時代に、琉球や中国などの他国の
資料もならべています。

こちらは、解説がほとんどなく、
人間の動物の見方の変化や、地域による違い、
人間と動物の関係など
体系的な考えが示されていません。
ただ、資料をならべた感が強いです。

また、京都市動物園が、
この展示に協力していますけど、
自然科学の成果は全くないのが残念でした。

博物館の規制緩和
(市場原理をいれた新自由主義)により、
もと国立の大きな博物館ですら
予算も人手もたりないからでしょう。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する