FC2ブログ

あざらし日記3

「あざらしのおへや」の管理人ゴマスケのアザラシ日記です。海獣関係のテレビ番組の情報や、グッズ、水族館・動物園などの感想をのせています。

バイオロギング研究最前線2(2012年2/11・土)

ただ今、国立科学博物館
(東京都台東区上野公園)で、
動物に小型の記録装置をつけて研究する
バイオロギングの展示を行っています。

▽あざらし日記3(2011年12月21日更新)を参照

これに関連した講演会が、2月にひらかれます。
バイオロギングに興味がある方は、いかがでしょうか?


  ●バイオロギング研究最前線2
     日  時:2012年2月11日(土・祝)13:00~15:30
     会  場:国立科学博物館 日本館2階 講堂
     司会進行:窪寺 恒己(国立科学博物館 標本資料センター 
                      コレクション・ディレクター)
     演  題 1.「時間を守るオオミズナギドリ」
            塩見こずえ(東京大学 大気海洋研究所 博士課程3年)
     
          2.「深海のハンター マッコウクジラの謎にせまる」
          青木かがり(東京大学 大気海洋研究所 特任研究員)
   
        3.「ウミガメはクルクル回って方向修正」
           楢崎友子(東京大学 大気海洋研究所 特任研究員)
   
        4.「誰と一緒に泳ぐ?相手を選ぶスナメリ」
           酒井麻衣(東京大学・生命科学ネットワーク 特任助教)
   
          5.「女性がフィールドで活躍するための条件」
           佐藤克文(東京大学 大気海洋研究所
                   国際沿岸海洋研究センター 准教授)

募集定員100名(一般)



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する