FC2ブログ

あざらし日記3

「あざらしのおへや」の管理人ゴマスケのアザラシ日記です。海獣関係のテレビ番組の情報や、グッズ、水族館・動物園などの感想をのせています。

マリンワールド海の中道へいきました

2007年5月2日と3日に
マリンワールド海の中道(福岡市東区)へいきました。

マリンワールド海の中道
(福岡県福岡市東区)は、非常に大きな水族館です。
大型連休のさなかとあって
家族連れやカップル、お年寄りの方など
たくさんの人が水族館を訪れていました。
ですから、こういう時期は、朝一番か
夕方以降が比較的ゆっくりみられるかもしれません。

ここはバイカル4頭がいますけど、
昨年の11月1日に、北海道からゴマフ6頭もきました。
2007年5月2日と3日に中道へいった時、
4頭が屋外のアシカプールだったところにいましたよ。

4頭の名前は、イー・プク・シズオ(以上オス)
それからオリー(メス)です。
今年の4月28日から水族館は、
「パクパクアザラシ」という企画もはじめました。
これは観客がアザラシに魚をあたえるというもの。


ゴマフ用のテラス  ここに券をいれましょう


箱の中のエサのようす  ゴマフ1



これを体験したい方は、入口にある券売機で
1人300円の券を買って外のゴマフプールへいってくださいね。
あまり知られていないにもかかわらず、
このエサやりの企画がたいそうな人気ぶりです。
開館してまもなくに券売機へいったのに、
午前の部の券がすでに売り切れていたほど。
おかげで私はエサやりを体験できませんでしたよ。
ですから、体験したい方はくれぐれも早めにいきましょう。
手すりにある注意がきも読んでくださいね。


水中窓とアザラシ  ゴマフ2



マリンワールドには、バイカル4頭がいます。
4頭の名前は、バイ・カル(オス)とマリ・マル(メス)です。
この日は13時ごろにガイド給餌をおこなっていました。

バイカルは、おく病で神経質な性格のものが多く、
給餌(エサやり)の時は音をたてないことが多いです。
ところが、ここでは飼育係さんが
マイクを使って話しながら魚をあたえていました。
これにはびっくりぎょうてん。
飼育係さんが話をしながらの給餌は、
マリンピア松島水族館
(宮城県松島町)ぐらいかと思っていましたから。

しかも、バイカルの特徴や
体のしくみをお話しするだけでなく、いろんな芸もみせます。
これがかわいらしいのなんの。
回転ダンスをしたり、観客がいるガラス面に挨拶にきたり。

家族と1番うけたのがわっこひろい。
これは、飼育係さんがいくつかのわっこを水の中になげ、
バイカルどもがわっこをひろうという芸。

ところが、きちんとわっこをひろったのは、マリだけ。
バイとカル、特にバイは完全にさぼって勝手に泳いでいました。
一方のカル。1本だけわっこをひろったものの、
みあげているだけで、飼育係さんにわっこを渡そうとしません。

バイカルの芸をみせているところは、
全国でもまだ少ないです。
みたい方はぜひ足を運んでみてくださいね。

バイカル(海の中道)  わっこひろい(海の中道)



おまけ。
2日は夜の水族館にいきました。
ゴマフプールがとても幻想的な風景でしたよ。
バイカルたちはねていました。


夜のゴマフプール(海の中道)  夜のゴマフプール2(海の中道)


夜のバイカルたち(海の中道)  夜のゴマフプール3(海の中道)



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する